Giza*2。〜旅と撮影〜

旅と撮影に役立つ機材を紹介します。

【超初心者用】スマホ動画の見栄えを1ランクアップする簡単な撮影方法:撮影テクニック

Instagramでたまに動画の撮影方法について質問を頂きます。
そこで、
スマホの標準カメラでできる。
・設定不要
の誰にでもできる簡単な方法をまとめます。

縦ではなく横向きで撮影する

最近のテレビは横:縦の比率が16:9になっており、皆さんこの比率に無意識に慣れています。スマホでフルスクリーン表示させる前提のInstagramのストーリーズのような用途以外では、スマホの極端に縦長の比率はもの凄く違和感を見る人に与えます。
写真では縦長の被写体や奥行きを表現したい場合に、縦向きを使うことはありますが、動画でそれをやってしまうとフルスクリーンで表示できなくなるので普通はやりません。テレビや映画で急に画面が縦長になることありませんよね?
テレビで流れる映像もyoutubeにアップされている映像も縦長の映像は偶然通りがかりの人が撮影した決定的瞬間のような映像ばかりだと思います。
つまり、縦長の映像=素人が撮った映像というイメージを多くの人に無意識にもたれています。
冗談抜きで、横向きで撮るだけで一気に素人感がなくなりますので、試してみてください。

長回しをせずに短い映像を沢山撮る。

スポーツをやっている時の映像やコンサートの映像は別ですが、基本的には10秒程度のカットを沢山とりましょう。
回しっぱなしで撮影すると、その後の素材の取り扱いもファイルサイズが大きくて使いづらいですし、いらない部分も沢山写ってストレージの無駄遣いになります。何より見る人が飽きやすい映像になりやすいです。

カメラは基本的に動かさない。

カメラワークの初歩の初歩はカメラを動かさずに撮影することです。静止画でもレンズの画角で構図を決めて撮影すると思いますが、動画も一緒です。沢山の情報を記録したくてカメラを振りたくなると思いますが、まずは動かさずに撮影しましょう。沢山の情報を記録したいからといって、毎回パノラマ撮影しないのと一緒です。
カメラを振っているばかりの映像をつないでも落ち着かない映像にしかなりませんので、その意味でも固定された映像は必要です。

カメラを動かす時は一方通行。

基本は動かさないことですが、どうしても動かしたい場合はどの方向でもかまいせんが、1つの方向だけに動かしましょう。一方通行です、絶対にUターン禁止です!
被写体を追いかけすぎて、カメラがあっちいったりこっちいったりする映像が、初心者がやりがちな一番ダメな映像です。 蝶蝶を撮影した映像とか子供の運動会の映像なんかに凄く多いですが、見てる人は間違いなく酔うのでやめましょう。
むしろ、フレームに飛び込んでくる映像やフレームから消えていく映像のほうがかっこ良く撮れます。

まとめ

  • 縦ではなく横向きで撮影する
  • 長回しをせずに短い映像を沢山撮る。
  • カメラは基本的に動かさない。
  • カメラを動かす時は一方通行。
    この4点さえ意識すれば、ワンランクアップした見栄えのスマホで動画を撮影することができるはずです。
©2018-2019 Giza*2。