Giza*2。〜旅と撮影〜

旅と撮影に役立つ機材を紹介します。

【モバイルバッテリー】Anker PowerCore 10000 PDのレビュー

Anker PowerCore 10000 PD(10000mAh PD対応最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/Power Delivery対応/USB-C入出力ポート/PowerIQ搭載/低電流モード搭載】iPhone&Android対応

Anker PowerCore 10000 PDを購入したのでレビューします。

スペック

  • 容量:10000mAh

  • 製品重量:約192g

  • サイズ:約114 x 52 x 25 mm

  • PD入力:5V=3A, 9V=2A, 15V=1.2A

  • PD出力:5V=3A, 9V=2A, 15V=1.2A

  • PowerIQ 出力:5V=2A

最大の特徴はUSB-C PDでの入出力(USB-Aとの同時出力可)に対応したこと。
PD出力できるモバイルバッテリーはまだ種類が少ないので待ちに待った機種でした。

Anker PowerCore Lite 10000との比較

f:id:gizagizafitzroy:20190805111711j:plain

f:id:gizagizafitzroy:20190805111804j:plain

手持ちの PowerCore Lite 10000とざっくり比べてみると

  • 厚みは2倍

  • サイズは2/3

  • 重量は10%減(213g→約192g)

  • USB-Cが入力のみから入出力(PD)に

  • 2ポート同時出力が可能になった。

  • 入力用のMicroUSBがなくなった。

  • 価格が1600円ほど上がった

厚みは2倍になりましたが、全体的なサイズは2/3になって重量も軽くなっている為、このサイズ感は好みかなという感じがします。(自分はこちらの方がすきです)
やはり1番のデメリットは価格が2999円→4599円(amazon)と1600円ほど上昇したことです。

iPhoneでPDを使用するにはUSB-C-Lightningケーブルが必要

iPhone8以降のiPhoneはPDに対応していますが、USB-C-Lightningケーブルが必要です。通常のUSB-A-Lightningケーブルでは充電はできますが、PDを使用した高速充電はできませんので注意が必要です!

Anker PowerCore 10000 PD(10000mAh PD対応最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/Power Delivery対応/USB-C入出力ポート/PowerIQ搭載/低電流モード搭載】iPhone&Android対応

Anker PowerCore Lite 10000(10000mAh 大容量 モバイルバッテリー)【PSE認証済/PowerIQ搭載/USB-C入力ポート搭載/薄型設計/コンパクトサイズ】iPhone&Android対応(ブラック)

まとめ

モバイルバッテリーに繋いだままスマホを使うのは使いづらいし、本体も熱くなりやすいですよね。 充電の時間を節約できるので特に外出先でPDの恩恵を感じます。 空港やカフェに増えてきた備え付けのUSB-Aの電源は遅くて使う気にならなくなりますよ!

©2018-2019 Giza*2。