Giza*2。〜旅と撮影〜

旅と撮影に役立つ機材を紹介します。

CANON IVY RECは売れないと思う。

f:id:gizagizafitzroy:20190803135348p:plain

www.indiegogo.com

CANONがCP+で展示していたIVY RECがクラウドファウンディングのindiegogoで目標額を早々に達成したようです。

スマホに押され縮小するカメラ市場を何とかしようと開発した意欲作で、非常に好感が持てる製品ではあります。
敢えて厳しいことを書きますが、残念ながらせいぜいガジェット付きのアーリーアダプターが購入する程度で終わるのではないかと感じています。

IVY RECのスペック

スマホより手軽とは言えない

IXY RECはカラビナ部をバッグやベルトループに引っ掛けてサッと取り出してシャッターを切るというコンセプトですが、これって写ルンですと同じコンセプトだと思うのです。
写ルンですはかつて駅のキオスク、はたまた観光地等、日本中至る所で販売されていて入手も容易、本体も軽量ですぐにシャッターを切ることができました。
しかし、どんな画が撮れているかは現像するまでわかりませんでした、ライブビューのないIVY RECは写ルンですと一緒です。
もちろん、スマホを介せばライブビューを確認できますが、スマホを介す時点でスマホより手軽ではありません。
シャッターを切るまでしか手軽にできないということが、IVY RECがうれないと思う理由です。
IVY RECはシャッターを切るまでしかできませんが、スマホは撮影からSNSまで1台でこなしてしまいます。
スマホというデバイスに対して手軽さで挑むというのははっきり言って愚策です。

アクションカメラがヒットした理由を考える

Goproに代表されるアクションカメラは、エクストリームスポーツやマリンスポーツなどそれまでスマホどころか高性能カメラでも撮影が難しかったシーンを個人で手軽に撮影することを可能にしました。
そして、そこから生まれる斬新な映像がSNSにシェアされ人気となり、瞬く間に支持されて新たなジャンルを確立しました。 アクションカメラはスマホにはできない斬新な映像を手軽に撮影することを可能にしたので、受け入れられたのです。

スマホにはできない使い方を提案しなければスマホに勝てない。

indiegogoを見ると、普通に構えて普通に撮影するとか、ミニ三脚つけて撮影するとか、どれもスマホと同じような使い方しか提案していません。
スマホより一手間かかる上に性能も劣り、スマホと同じような写真しか撮れないのカメラに100ドル出すのは、一部のガジェット好きくらいでしょう。
せめて本体にマグネットが付いていて色々な所にくっつけられるとかなら、小型軽量姿を生かしたアングルで撮影ができて面白かったのになあと思います。

www.indiegogo.com

まとめ

色々厳しいことを書きましたが、新しい市場の開拓を狙い開発された意欲的な製品は大好きですし、IVY RECにも好感を持っています。
これからもcanon始め、カメラメーカーには新しいことにどんどん挑戦していくことを期待しています。

©2018-2019 Giza*2。