Giza*2。〜旅と撮影〜

旅と撮影に役立つ機材を紹介します。

【ノイズキャンセリング搭載】Air Pods Proのレビュー

Appleより10月30日に発売されたAir Pods Proが届きましたのでレビューします。

Air Pods Proの主な進化点

見た目上の大きな変更点として、Air Pods ProではAir Podsのオープンエア型からカナル型となり、ステムといういわゆるうどんと揶揄されていたパーツがだいぶ短くなりました。
この変更によって装着安定性が格段にあがり、Air Podsでは不安のあったランニング中の装着も不安が無くなりました。 装着感も良好です。

ノイズキャンセリングは秀逸

室内や地下鉄等で試しましたが、Air Pods Proのノイズキャンセリング性能は秀逸です。
特に電車の車内音をかなり軽減してくれます。車内アナウンスは何か言ってるのはわかりますが、詳細は聴き取れない感じでした。
完全に消してしまうと重要なアナウンスも全くしらずに聞き逃してしまうので、むしろ何か言ってるということが認識できるレベルであるほうが好ましいと思います。

ステムを長押しで外音取込みモードへ

ノイズキャンセリング中に前述の車内アナウンス等をしっかり聞きたくなった場合でも、Air Pods Proのステムを長押しすることで即座にノイズキャンセリングモードと外音取込みモードを切り替えることができます。(設定で「オフ」を追加することも可能)
外音取込みモードは普通に耳で聴いてるよりもクッキリと外の音を聞かせてくれます。

耳栓としても優秀

Air Pods Proは音楽をかけずにノイズキャンセリング機能をオンにするとちょっとした耳栓がわりに使えます。
例えばカフェ等で使用すると環境音をカットしてくれ一人の世界を作り出すことができるので、読書をしたり仕事をする場合にぴったりです。

イヤーピースは独自形状

イヤーピースは楕円形でAir Pods Proの浅い溝にカチッとはめるタイプの独自形状です。
中心の軸のようなものはなく本当に溝にはまっているだけで驚きました。
MサイズからSサイズに交換する際に中々取り外せなかったのですが、根本の部分を強くつまみながら千切れるんじゃないかと心配になりながら思いっきり引っ張ったら取れました。

音質はナチュラ

詳しい音質は他の耳の良い方々が沢山レビューされていますので、書きませんが、私の印象としてはAir PodsやEar Podsのようにナチュラルでもうちょっと音を良くした感じに思います。

スペック

あまりスペックを書いて意味がある製品ではないと思いますが、参考までに記載しておきます。

  • H1プロセッサベースのSIP

*IPX4の防水性能

  • ワイヤレス充電規格Qiに対応

  • 最大4.5Hの連続再生

*充電ケースは24H以上

  • ケースでの5分の充電で1時間以上の再生が可能

  • USB-C-Lightningケーブルが付属

サイズ

  • 30.9✖️21.8✖️24.0 5g (片方)

  • 45.2✖️60.6✖️ 21.7 45g (ケース)

Apple 製品使いならワイヤレスイヤホンのファーストチョイスに

いつものごとくApple製品との相性は完璧です。
意識することなく簡単に利用することができます、秀逸なノイズキャンセリングとしぜんな装着感はApple製品を使用している人にファーストチョイスになるデバイスだと思います。

©2018-2019 Giza*2。