Giza*2。〜旅と撮影〜

旅と撮影に役立つ機材を紹介します。

【必須】GoPro HERO7 BLACKに併せて購入した物 5点 :撮影機材のレビュー

2810.10.21 記事更新

今回はHERO7 BLACKに併せて購入した5点をご紹介します。

サードパーティ製フレーム

以前の記事にも書きましたが、純正のフレームが装着状態で充電端子にアクセス不可のため 「Kupton フレームケース」を購入しました。

f:id:gizagizafitzroy:20181004163444j:plain

上が購入した「Kupton フレームケース」。

下が購入時に付属していた純正。

f:id:gizagizafitzroy:20181004163658j:plain

 

本体に取り付けても、問題なく端子へのアクセスが可能です。

レンズカバーの保護シートがだいぶ曲がってますが、撮影に支障がないのでそのまま使ってます(笑)

 

ガラスフィルムセット

アイトランク iTrunk 強化ガラスフィルムセット Gopro Hero7 Hero6 Hero5 Hero2018に適用

レンズと背面液晶の保護フィルムとレンズカバーが各2枚入っています。ちなみにレンズカバーはかなりゆるゆるなので紛失に注意が必要です。自分は速攻で無くしました。

互換バッテリーと充電器

純正は高価なので、TELESINの互換バッテリー2個+充電器のセットを購入しました。

f:id:gizagizafitzroy:20181004172037j:plain

 GoPro本体と比べてもあまり多くてありませんし、このままバッテリーを収納できるので便利です。

USB TypeA-TypeCのケーブルでは充電できたのですが、TypeC-TypeCのケーブルでは充電できなかったのが欠点です。

クイックリリースのクリップマウント

自分が一番使用頻度が高いのが、クリップマウントです。

バックパックや帽子に取り付けたり、手持ち用のグリップになったり、自立するので三脚代わりにになるのでとにかく汎用性が高くおすすめです。

今まではRECマウント製の通常マウントの物を使用していたのですが、クイックリリースの製品を見つけたので購入しました。

 

f:id:gizagizafitzroy:20181004172742j:plain

奥が今まで使用していたRECマウント製

手前が今回購入した「ネクストゼロワン GOPR13626」

背の高いクイックリリースバックル

上で紹介したクリップマウントを使用する際、純正のクイックリリースバックルで問題が発生しました。

f:id:gizagizafitzroy:20181004173744j:plain

マウントの背が低いため、本体の厚みと干渉してこれ以上後ろに倒れません。

このままですと、取り付けた時に常に斜めを向いている状態で使い物になりませんし、収納時にもかさばります。

そこでヨドバシで発見したのが、GLIDERのクイックリリースバックル

f:id:gizagizafitzroy:20181004174034j:plain

純正(左)に比べて背が高いのでいけるのではと思い購入しました。

ちなみに、クイックリリースバックルは単体で自律しますので、狭い場所で自立させたいときに便利です。

 

f:id:gizagizafitzroy:20181004174135j:plain

結果はぴったり倒れました。

これで撮影時の角度の自由度はもちろん、収納時もかなりコンパクトにできます。

 

クリップマウントはかなり汎用性が高いのでお持ちでない方は是非お試しください!

 
www.gizagiza-fitzroy.com

www.gizagiza-fitzroy.com

www.gizagiza-fitzroy.com

©2018-2019 Giza*2。